読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天は二物を与えた

徒然なるままにひぐらし、振込用紙にむかひて

不器用なジャニヲタがスマートにグッズを買った話

 前々回のブログで、初めてのぼっちグッズ参戦について書きました。

jhrun.hatenablog.jp

 今回は、割愛していた売り場内でのことを書こうと思います。

 

今までグッズを買うときは、親だったり友達だったり誰かしらと行くことが多かったので、ヘルプを要請できたのですが。今回は1人なのでちょっと作戦を立ててから行きました(大袈裟か)。なんせ私は不器用なので、いつも両手にグッズをかかえてブースの後ろの方でわたわたとしてしまいます。いつも誰かに「ちょ、これ持ってて」みたいな感じで手伝ってもらってました。

 
グッズ売り場の仕組み

まずグッズ売り場ってどうなってんの?っていう話。私はドームとアリーナとスタジアムしか行ったことないのでそれしか想定ができない! (○○劇場とかEXシアターとか松竹座は未経験) 大きい会場限定で使える小技だと思って下さい!!

 

まずグッズ売り場自体は、横に長い屋台みたいな感じ。屋台には綺麗なお姉さん達(バイト)が待ち構えてくれています。その屋台が白い柵で3つぐらいに軽く仕切ってあって、その仕切りごとで買えるグッズが決めてある。屋台の上にグッズの写真や値段が表示されているから、自分のお目当を見つけて屋台に並び、買いましょう、こんなイメージ。文章で説明するのが難しい!!変な例えで申し訳ない!!

 

会場ごとに違うこともあって、売り場が狭いと仕切りがなくてどこでも全種類のグッズが買えたり、一個手前の仕切りには戻れないこともある(私が行ったDEARコン城ホールでは、ペンライトが売られている1番最後のブースに入ると手前のブースに戻れなかった)。

 

 

ぼっちグッズ参戦の問題点
  • 両手がふさがると面倒
  • 買い忘れがち

私にはこれしか思いつかなかった、、。なんか挙げてみるとそんな大変じゃないのでは、、?と感じるけど、1つ目のやつが厄介です。ポスターとうちわとフォトセットを一気に買って全部をカバンの中に入れるのって2本の腕でやるのは意外と難しい。慣れりゃいいんですけどね。

 

 

作戦実行

  1. 列の途中で売り場の形をみる
  2. とりあえずショッピングバッグだけ買う
  3. ひたすら買う

以上。

超簡単でしょ!!!っていうかみんなやってるでしょっていう低レベルさ!!!私は1カ月前に気づいた!!!(単細胞)

 

 

まず1つ目は、列に並んでいると大抵の会場において、売り場に入る直前は売り場の真ん前で待たされる(焦らしプレイ)ことを利用。そうじゃない会場はごめんなさい!!

売り場に入ってしまったら、大抵のヲタクは気がおかしくなるので、思わぬ誘惑にすぐ負けるし、絶対買い忘れます(私のこと)。売り場に入る前に、この仕切りではこのグッズが売ってる、みたいなことを確認するだけで、買い忘れとかめっちゃ防げます。

 

2つ目は、ショッピングバッグを買えってわけではなく、空っぽの袋を用意しろと言う意味です。初めてグッズを買ったときにドツボに嵌ったのが、ショッピングバッグもグッズの商品だからビニール袋で包装されている、ということ。もし仮に最初にバッグとポスターとうちわを一気に買ってしまうと、今買ったバッグにグッズを入れるのがめっちゃ大変です。私なら絶対にポスターが転がっていく。

だから最初にショッピングバッグだけ買って、すぐビニール袋から出してスタンバイしておくと、超楽になりました。私は今回はついでにパンフレットも一緒に買って、重石みたいにしときました。パンフレットぐらいなら脇に挟んでバッグの開封も簡単に出来たので。

 

最後、3つ目は、文字通りひたすら買うのみ。屋台には何回でも並べるし、グッズ列整備のお兄さんたちのおかげで売り場の中が混雑することはあまりないので、ブースの後ろでもたもたするよりかはいいかと思います。

 

初めてこんな作戦(大袈裟)を立てながらグッズを買ったのですが、今までより格段にスムーズに買えました!!今回は代行とかはなかったので自分の分だけだったけど、他の人に頼まれたものも買うときは楽になりそうな気がします。で、バッグ1つだけ先に買うとか逆に効率悪くない?と思ったけど、全然逆ではなくて、効果はあったと思いました。

 

そんなことより、グッズの買い方を工夫し出すほど現場に慣れてきた自分のジャニヲタさに恐怖を覚えました(泣)

 

来年こそチケット当てて行ったるどー!!!!(執念)